AppleWatch向けアプリの作り方 解説動画まとめ (watch OS 1)

諸々youtubeにアップしていたもののまとめです。

やはりwatch OS は2からですかねぇ。

【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 0 〜 AppleWatch向けアプリの基本のキ〜



【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 1 〜 AppleWatchにおける画面遷移その1〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 2 〜 プログラムによる画面遷移〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 3 〜 スワイプによる画面遷移〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 4 〜 フォースタッチによるメニューの表示〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 5 〜 画像の扱い方 その1〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 6 〜 画像の扱い方 その2 アニメーションについて〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 7 〜 テーブル WKInterfaceTableの扱いについて〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 8 〜WKInterfaceGroupについて〜


【Xcode6】Xcodeの使い方 AppleWatch 編 Vol 9 〜テキストなどの入力について〜

【Mac】シンプルなlauncerを作ってみた。ソースあり

f:id:kitano_ow:20150127020104p:plain

俺得アプリが増えてきたので、思ったけど、
アイコン未設定だと全く区別つかず。。。

  • ドラッグでアプリを追加(8個まで
  • クリックでアプリを起動
  • 長押しで、削除

ウィンドウを最大化するととてもみっともない状態になるという。

ソースも適当ですけどもね、もう全然あげてなかったので。
眠いし、全部妖怪のせいです。
https://github.com/kitanoow/SimpleLauncher

    • -

完全野良アプリとして配布としまして、
いつもながらすみませんが、your own riskでお願いします
(デフォルトのセキュリティ設定だと起動しません。)

https://oneworld2.sakura.ne.jp/osx/SimpleLauncher.app.zip

【Mac】Xcode6におけるシュミレータ内アプリを表示/開くアプリを作ってみました。

f:id:kitano_ow:20150125235423p:plain

Xcode6から、シュミレータ内アプリのパスがよくわからなくなりまして。

~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/{device and version の id}/data/Containers/Data/Application/{app の id}

って感じになります。

Xcode5だとまだ比較的わかりやすかったのですが、
Xcode6の場合は、Documentsフォルダなどを参照するのがけっこう手間です。

それを一覧表示して、該当アプリのディレクトリを開くアプリを作成しました。
(Documentsフォルダなどが確認できる。

bundle id をクリックすると強制的にFinderで開きます。

完全野良アプリとして配布としまして、
いつもながらすみませんが、your own riskでお願いします
(デフォルトのセキュリティ設定だと起動しません。)

https://oneworld2.sakura.ne.jp/osx/SimulatorPath.app.zip


詳細はQiitaに後日アップ予定です

【Mac】QRコード生成・書き出しアプリを作ってみた。

f:id:kitano_ow:20150124033038p:plain

引き続き swift の練習をかねて。

CIImageには、QRCodeを生成する機能があるので
それを使ってます。

  • クリップボードから強制的に文字を取得してはりつけてます。
  • 保存できます(小さい

https://oneworld2.sakura.ne.jp/osx/QRCodeGenerator.app.zip

毎度のコメントですが

とりあえず完全野良アプリとして配布。
(デフォルトのセキュリティ設定だと起動しないかも)

いつもながらすみませんが、your own riskで。

【Mac】Macで ドラッグ アンド ドロップするだけで、パスワード付き Zipを作成できるだけのアプリを作ってみた。

Macの標準のアーカイブだと、zipにパスワードをかけることができず
パスワードをかけたいときは、ターミナルを起動したりしていたのですが、
ちょっとそれがめんどくださかったので、作りました。
(探せば、良いソフトがあるんでしょうが、めんどくさかったので...)

  • ファイル、ディレクトリのパスワード付きzipを作成します
  • 対象ファイルをウィンドウにドラッグ & ドロップしてください
  • 対象ファイルと同一階層に、ファイル名 + .zipで作成されます。
  • ファイル一つまでしか受付できません

やりたいこと

  • 複数ファイル対応
  • 保存先指定
  • DS_Storeを消したい。

などなど

とりあえず完全野良アプリとして配布。
(デフォルトのセキュリティ設定だと起動しないかも)

いつもながらすみませんが、your own riskで。
https://oneworld2.sakura.ne.jp/osx/ZipPassword.app.zip

【Mac】Macで .htaccess などの隠しファイルを表示するためだけのアプリを作りました。

.htaccessを表示させるために、ターミナルでコマンドを叩いたりするのが
面倒で。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder


また, .htaccess以外も表示されてしまうのが、ちょっと辛いところだったので、
シンプルに、その表示・非表示をメニューバーから切り替えられるものを作成しました。

f:id:kitano_ow:20150119014816p:plain

とりあえず完全野良アプリとして配布。
(デフォルトのセキュリティ設定だと起動しないかも)

すみませんが、your own riskで。
http://oneworld2.sakura.ne.jp/osx/ShowAllFiles.app.zip


おりをみて、ソースをup予定。